住宅を変える外壁塗装~安全ハウスチェンジ~

一軒家の外観

トラブルを回避する

一軒家

解体工事における注意点

古くなった建物を取り壊す解体工事を行いたいという理由には、新しく住居を立てたいため、建物を壊して更地の土地を売却したいためといった建物すべてを取り壊すことになるケースが多いでしょう。解体工事の際、事前に業者選びをしっかりと考えないとトラブルに巻き込まれる可能性があります。例を挙げると、解体工事の際に公共物であるフェンスや壁を傷つけてしまう、木々を傷つけ、枯らせてしまうといった事が考えられます。また、解体工事業者の態度が悪かったり、重機運搬の際に散らかったゴミや汚れが残ってしまう事、また騒音や振動の度合いによっては近隣からの苦情と言う形でトラブルが起こることも多いです。このような苦情は、業者だけではなく発注者のイメージを傷つけることにつながります。一度与えた不快感は簡単にはぬぐえませんから、事前に理解を得るとともに、細心の注意を払う必要があるのです。解体工事は大掛かりなものになるので、トラブルの原因ができるのは仕方のないことです。しかし、委託業者の取決め、工事を進める方針を打ち合わせしてをしておくことで、近隣へ与えるイメージも良い方向に持っていけるでしょう。

工事業者を選ぶポイント

解体工事を頼む際、どのような業者に連絡を取ればよいのでしょうか。建設業、とび・土木業、そして解体専門の解体業の3種類の許可証があり、いづれかを持っている業者は解体工事を行えます。規模によっては建設業といった追加の許可証が必要になりますが、大規模工事である以上、解体業の許可証を持った業者を選ぶのが無難です。廃棄物を収集・運搬する会社も同様であり、解体工事を行う業者が別の業者に委託する形でしたら、委託先の業者も調べておく必要があります。また、見積もりの際に詳細な現地調査の後に細かく金額を決めているのか、解体工事が完了した後も損害賠償保険が適用されるのかといったことにも気を付けるべきでしょう。事前の取り決めでどこかに不安な点を見出すと、解体工事の際にほころびが出ることも少なくありません。業者選びをしっかりとこなし、事前のコミュニケーションを大事に進めることが、トラブル回避の重要な要素になるのです。