住宅を変える外壁塗装~安全ハウスチェンジ~

一軒家の外観

部分よりも全体がお得

中年男性

住宅を解体する場合の注意点

住宅が古くなった場合や、中古住宅を購入して新しい住宅を建てたい場合には解体工事をする必要があります。解体工事には大きく分けて2種類があります。ひとつは全部を解体する方法です。ひとつが1部だけを残しておき、それ以外の部分を解体する方法です。前者の場合は住宅の建て替えです。一度全てを建て替えて、基礎から全く新しい住宅を作るのです。この場合は、重機を使って解体工事を行います。ただし道幅が狭い場合などは重機が進入できない場合があるため、事前に重機が入れる道幅かどうかを知っておく必要があります。これに対して後者は、全面リフォームや、全面リノベーションをする場合です。通常リフォームやリノベーションをする場合は住宅の骨組みだけを残すため重機を使うことができません。

その相場について知っておく

解体工事を行う場合、全面的に解体をした方が一部解体するよりも費用は安くなります。先程の例で言えば建て替えの方がリフォームやリノベーションをするよりもやすくなるのです。なぜなら、全面解体の場合は重機が使えるからです。逆に言えば、リフォームやリノベーションは重機が使えないため手作業になるのでその分手間がかかります。そのためどうしても費用が高くなってしまうのです。では具体的な解体工事はどのくらいの費用がかかるでしょうか。一般的な木造家屋を解体する場合は1平方メートルあたり1万円から4万円程度です。解体工事費用には、工事費のみでなく養生費、廃棄物処分費、事務処理費などがあります。具体的な金額については見積もりを出してみることをお勧めします。